Agfa OPTIM PARAT (1963〜1968)

西独製の数少ないハーフサイズカメラ。ラジオの様なデザインに惹かれて衝動買い。写真のカメラにはロモグラフィーのストロボをつけてみた。うん、可愛い。​

 Minoltacord AUTOMAT (1955〜197?)

​個展フラグメントで使用。振り子式ピントレバーの操作性は秀逸で速写性に優れている。大学一年生の頃に月の仕送りを殆ど叩いて購入した。

ZORKI-2 (1954〜1956)

ソビエト​のコピーライカ。ライカⅡの完コピであるZORKI-1に比べてセルフタイマーとアイレットがついた。僕が購入した個体はシャッター幕がボロボロであるが故になんだか幻想的な写真がとれる。ちなみに装着してあるインダスター22は外見はエルマーだが中身はテッサーである。うん、かっこいいな。